>  > 風俗ではコンドームは必需品?

風俗ではコンドームは必需品?

私達の意識の中でコンドームというものはどう捉えられているでしょうか。今コマーシャルでも頻繁にコンドーム、コンドームと言っている訳です。しかしちょっと私達が違和感を感じるのは性というものを、子孫繁栄のものとしてではなく快楽の方へと導いている感じがありますよね。コンドームとはそのような存在なのです。だから私達は性の快楽という意識でコンドームというものは必需品であるというとらえ方をするべきでしょう。コンドームがあると感じが違うから、出来ればコンドームなしでセックスしたいと思う人たちもいるかもしれません。そして、コンドームなしのプレイこそが本当の愛の形だと主張する人たちもいらっしゃるかもしれません。中洲の風俗店などでは、男性はやっぱり女性の気持ちなど察せず結構身勝手なことを言う人も多くいらっしゃるようです。風俗嬢、特に中洲のソープ嬢が大切にしている性の快楽のマナーは、コンドームつけることです。お金を払っているからと言って、コンドームなしで無理やりするのは絶対に御法度。最悪の場合、通報されてしまいますからね!

風俗との向き合い方は?

最近非常に女性と会話するのが苦手な男性が増えているという話しです。なぜそういうことが増加しているのでしょうか。それは女性は会話する機会を男性たちは減少させてしまっているからです。そういう人たちはまず中洲の風俗嬢と出会い、会話のレッスンしていただきたいですね。最初風俗嬢との会話はぎこちないかもしれません。しかし、段々と慣れてくるでしょう。それは風俗嬢との会話が楽しいからなのです。そして、風俗嬢と戯れた後、日常の生活に戻って、自分が別に女性を何ら恐れていないことに非常に驚くことでしょう。風俗嬢も、普通の女性も基本会話のルールは一緒です。そして、風俗嬢と接することは、男を磨くレッスンでもある訳です。中洲の風俗へ行くということは、現代では敷居が高いかもしれないですよね。しかし、乗り越えて行くことこそが現代でも男性のあり方なのではないでしょうか。中洲の風俗へと向かったということが内心自信になったりする訳です。嘘ではありません。

[ 2016-10-29 ]

カテゴリ: 風俗体験談